忍者ブログ
理屈ではなく、フィーリングでアニメを見る人。それがおにくやさん。 レトロゲーム大好きなので、そっちの話題もたまにあり。
[124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いやあ久々だよ。

『マリア様がみてる』第4期の放送局とキャスト発表  (animate TV)

いやぁ・・もうブームは去ったでしょw

・・・と言うけど、いざ始まったらきっと毎週毎週祐巳さんのリボンの色とかチェックすんのよねきっとw


TV、ゲーム時間短い児童生徒 テスト正答率が高い傾向  (ameba)

文部科学省の「全国学力・学習状況調査」に対するアメーバニュースの見解です。
まぁ一言で言わせてもらえば

バカなの?

ってとこなんですが。

この本文の記事はおそらくこのドキュメント(PDFファイル)をもとに書かれていると思われますが・・・
(23ページあたりの内容が該当してるんだと思います)

まず何がバカか。
少し考えれば分かることだけど、ゲームを4時間やってる子がテストで点を取れないのは、ゲームをやっているせいではないという点。

このドキュメントは「ゲームを一日何時間やっていますか?」とは質問しているが、同時に「一日何時間勉強していますか?」とは質問していない。つまり


ゲームを一日4時間もやっててさっぱり勉強しない子と、ゲームを全くやらずある程度以上勉強している子を比較している


わけです。そりゃあ結果は火を見るより明らか、そしてこの結果ではゲーム時間による学力比較はできていない。ゲームによる悪影響を考察するなら、

「ゲームを一日4時間やって勉強を1時間程度している子」と「部活動で4時間汗を流して1時間程度勉強している子」

で比較しなければ意味が無い。これでゲームをやっている子のほうが成績が低ければ、それはゲームによる悪影響かもしれない(部活動の良影響かも知んないけどw)


なんにせよ、公的機関(およびマスゴミ)は定期的にこういった謂れの無いゲーム批判をしてくるけど、まぁ生まれも育ちもゲーム脳の私は徹底抗戦ですよ。とりあえず抗議のメール投げる。


いっぽうこんな記事も。
「ゲームは子どもの社会性をはぐくむ」 米社会調査機関が報告書発表  (IT media)


なぜ、同じような話題なのにこうも見解が真っ二つに割れるのか。
答えは簡単。
日本でゲームを否定している人達は

ゲームを否定する材料があって否定する記事を書いたのではなく、ゲームを否定するためにその材料を探しているからである。
まあ、鶏が先か卵が先か、ってやつです。

米国の調査機関は、このニュースにもありますが、

「ゲームに熱中することで、社会とのかかわりを持てない人格に育つのではないかとの心配を裏付けるようなデータは見あたらなかった」

と報告しています。私もそうだと思います。
今回文部科学省がやっていることは、「データが無いのに、ゲームを否定するために根拠にもならないデータを曲解して発表した」に過ぎません。
私のような4流大学卒のバカチンでも分かることです。
いい加減学習しないと日本の将来が不安でしょうがない。福田さんは某巨大掲示板でネタになるような捨て台詞はいてやめるしさぁ(←ここでそれを引っ張ってこんでも・・・w)
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
リンク
カテゴリー
最新コメント
[12/12 rain]
[12/06 力不足な擁護者。]
[11/23 シュージロー]
[11/23 ren]
[11/19 姫子]