忍者ブログ
理屈ではなく、フィーリングでアニメを見る人。それがおにくやさん。 レトロゲーム大好きなので、そっちの話題もたまにあり。
[157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ストライクウィッチーズ #11「空へ・・・」 (放送日:2008/09/16)

なんか悪そうなおっさんの陰謀で解散なわけです。


恋姫無双 #11「関羽、劉備と出会うのこと」 (放送日:2008/09/16)


えっ?
今頃出会うの?
っていうか出会うなら最初にしょときゃよかったんじゃ・・w





馬超久々に出てきた・・




oh nice green


セキレイ #12「縁ノ鶺鴒」 (放送日:2008/09/17)


最終回。



全体を通しての感想。

お っ ぱ い

正直それ以外はあんまり見てなかったw

冗談はさておき。
続きがありそうな終わり方をしてたけど、まぁこれは・・・


狂乱家族日記 #23「その名は強欲王」 (放送日:2008/09/18)




怪物に吸われる女性の図。
これはなんたる・・・





くらげだったはずなのになあ・・
ちと変わりすぎだろw

我が家のお稲荷さま #24「お稲荷さま。初詣に行く」 (放送日:2008/09/15)





大掃除。
まぁ、きつねさんは案の定足を引っ張りまくりのようでしたw


S・A #24「花園光・滝島彗」 (放送日:2008/09/15)

最終回。





変装して滝島邸に侵入w






速攻ばれるw

****
最終回ってことで簡単に総括をば。
真面目な部分と、ノリだけで書いているような部分の、メリハリが利いていてとてもいい作品だと思いました。
まぁ少女誌からアニメ化する作品はここ数年の傾向としてこういう作品が多いような気もしてます。やはり人気があるのかなぁ?

主役2人の準主役5人を基本メンバーとしてストーリーが構成されているわけですが、彼ら全員の共通の特徴として
・なんかやたら戦闘力(あらゆる面で)が高い
・光以外はみな金持ち
っていう、一歩間違えばただ疎まれるだけのキャラクター設定ですが、割とそういうことも無く・・
典型的な金持ちキャラ(高飛車・基本他人は見下し)がいない、ってのも珍しいと思いましたね。
たいていは誰か一人くらいいるもんなんですが・・(彗がその位置に一番近いのかもしれませんが、発言に理屈がきちんとついてまわっているのでそういう感じはあまり無かった・・かな)

私の個人的な感想としては、八尋が頑張ってる割にあまり報われてなかったのがちょっとかわいそうかな~・・とw
まぁキャラクターの位置づけ的には脇役だと思うので、しょうがないところではあるんですが^^;

次回作にも期待、ということで^^


ソウルイーター #24「神々の闘い~デス・シティー崩壊の危機に?~」 (放送日:2008/09/15)

鬼神復活。






なんだろうこの絵面w





一方その頃地上では。
まだネズミとネコがケンカしてましたw


夏目友人帖 #11「ニャンコ徒然帳」 (放送日:2008/09/15)

先生家出。





にゃんこ先生の言葉って夏目以外には通じてなかったのかw



PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
リンク
カテゴリー
最新コメント
[12/12 rain]
[12/06 力不足な擁護者。]
[11/23 シュージロー]
[11/23 ren]
[11/19 姫子]