忍者ブログ
理屈ではなく、フィーリングでアニメを見る人。それがおにくやさん。 レトロゲーム大好きなので、そっちの話題もたまにあり。
[640] [639] [638] [637] [636] [635] [634] [633] [632] [631] [630]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


演出がすごいのはわかるけど、もう少し視聴者の気持ち考えて作ったらどうなのこの会社


どんなに秀逸な演出をしても、それが全体の1%未満の視聴者にしか通じないのでは、はっきり言って駄作です。

ちなみに私は「秀逸な演出」と言ってる方の記事を見ただけで、何がどう秀逸なのかはさっぱりわかりません。
私は99%の方面の人でした。今回も早送りで見て終了でしたし。

そんな風に感じたこの永久ループ。

もうね、見る気も起きないよ。
またコピペアニメですか。


制作会社は、こんなものを作って何がしたいのか、いまいちわからんのですよ。
いや、わかるんですよ。わかるから余計にムカつくわけです

一回数百万と言う放送費用を無駄にして、何週も(ほぼ)おなじことを繰り返すわけですから、視聴者があきれることくらい想像つくだろうし、それで見るのをやめてしまう視聴者が出ることくらい、京アニもわかってるでしょう。
にもかかわらず、こんな手法を取ってきた。それはなぜなんだろう?

おにくやさん予想。

①この話のまとめに、すごい自信がある。最終的に視聴者を納得させる自信がある。

まあそれなりに名前のある会社だから、4回ものくり返し(費用はもう1000万~2000万の域)に見合う落ちを用意してくれるんでしょうが・・・最後まで視聴者が見てくれればいいけどね
私はもうみないです。

②製作スタッフの自己満足

結局「今までにやってないことをやりたい」っていう話から始まり、その一つの案としてこの無駄のくり返しっていうのが出て、本当に無駄なことをやっちゃったんじゃないかな。京アニに関わらず、アニメクリエイターを見てて思うのが、アニメ製作事業というのは良い作品を作ればもうかるわけではないということを理解していない人間が多いこと。つまりは、技術部門と営業部門が隔離されてる状態ですね。そんなだから業界自体が衰退しちゃうんでしょうな。本当は技術部門が暴走しかけた時には、営業部門が評価を行いNGを出さなきゃいけないんだけど、それもできなかったみたいだし。

・・・話がそれましたが、制作スタッフの自己満足だと思います。そう言わしめる理由は、1%の人間しか理解できない内容のものを平気で放送してるから。そんな感じ。

③お前らどうせ文句言いつつもDVD買うんだろ?

これは、②とはまた別で、営業部門の感情。多分社内で今回の構成について営業⇔技術部門間できちんと話し合いがなされてないと思う。だって、DVD1巻まるまるエンドレスエイトだったら、誰も買わないし。そんな状況でなぜ営業部門がOK出してるかと言ったら「オタクどもはハルヒっていうネームバリューがあればどうせ買うから大丈夫だよ」と、考えているからに違いない。ま、奢るのも程々にしろって感じですねw不買運動なんかしてる人達もいるくらいですから、さぞやお怒りの人も多いだろうと思いますが、私はそんなの通り越してあきれましたね



PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
リンク
カテゴリー
最新コメント
[12/12 rain]
[12/06 力不足な擁護者。]
[11/23 シュージロー]
[11/23 ren]
[11/19 姫子]