忍者ブログ
理屈ではなく、フィーリングでアニメを見る人。それがおにくやさん。 レトロゲーム大好きなので、そっちの話題もたまにあり。
[850] [849] [848] [847] [846] [844] [843] [842] [841] [840] [839]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


感想2話分まとめて。

テガミバチ #9「泣き虫少年の誓い」
テガミバチ #10「光の下」





テガミバチ #9「泣き虫少年の誓い」

ゴーシュが残念なことになってしまったと言うことで、自分がシルベットの希望になると誓うラグ。
兄は妹の脚を治すために仕事漬け、妹は脚のことより兄と居たい、っていうよくある見事なすれ違いっぷりw

ゴーシュはとにかくお金を稼ぐために、仕事を増やす増やす。
心弾は自分の心をすり減らすとかゴーシュも言ってたし、仕事のしすぎで心を失ってしまったわけでしょうか・・?


ゴーシュは新しい銃を購入した際に、それまで使ってたものをシルベットに預けて言った模様。
しかも、ラグにそれを渡すように言伝していたらしい。
ゴーシュの新しい銃は威力も上がるがさらに心を消耗するらしく・・・このあたりもゴーシュが心を失った原因になっているのでしょうね。


心弾銃からその事実を知ったラグは、シルベットからゴーシュの心弾銃を受け取る。
んー・・・いい話なんだけど最後の二人で泣くシーンが若干よだれダラダラ過ぎたかな・・^^;


それはさておき。
ラグはビーの本採用が決まった模様。


それにしても・・・
ゴーシュって最初にちょっと活躍して以来、すっかりただの記憶の人になっちゃってるよねw
後半きちんと活躍してくれるんだろうか?w



テガミバチ #10「光の下」


車椅子の雌豹

これはまたすごい通り名www

ビーへの本採用が決まったラグは、どうやらシルベットの家に厄介になっている模様。




歯磨きしないわパンツは履かないわでニッチはいろいろ大変そうだ・・^^;



懐かしのゲボマズスープ





ゴーシュがあのスープを平気で飲んでたのはシルベットの訓練のたまものだったわけですねww
しかもこのできた妹様、お弁当まで作ってくれたらしく・・・・・^^;


出勤初日、アリアがお迎えに。
どっかに拉致されてしまったようだが・・・


人工太陽をみて、ゴーシュは心の一部を失った
ヘッドビーを目指したゴーシュがゴーシュが心を失ったことについて教えたかったみたい。


「僕も瞬きの日に産まれたんです!」

ちょっと待て。
よく分からなかったんだけど、瞬きの日ってのは一年に一回ある特定の日のことを指しているのでしょうか?
それとも、ゴーシュが心を失ったと言うあの日を指して言うのでしょうか?

後者だとすると、ラグとシルベットが同じ年齢ってことになっちゃうけど・・・聞いてる感じではそう聞こえたんだよなあ。



PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
月刊少年ジャンプ時代、最終話のお話。そして、ゴーシュの悲劇も...
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!! このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!! できれば、ブログ下にあ...
WEBLINK[URL] 【2009/12/07 01:48】
テガミバチ 第10話「光の下」の感想。
テガミバチ 第10話 「光の下」 評価: ── この先に何が待っているか分からないけど 脚本 赤星政尚 絵コンテ ...
WEBLINK[URL] 【2009/12/07 18:52】
テガミバチ 第10話「光の下」
テガミバチ 1 [DVD](2010/01/27)沢城みゆき福山 潤商品詳細を見る ラグはシルベットの家に住むことになりました。ゴーシュの部屋を使っているようで...
WEBLINK[URL] 【2009/12/09 08:22】


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
リンク
カテゴリー
最新コメント
[12/12 rain]
[12/06 力不足な擁護者。]
[11/23 シュージロー]
[11/23 ren]
[11/19 姫子]